定置網の運搬を省力化する、網捌機(あみさばき)のご紹介



こんにちは。アサヤの廣野一誠です。
本日は階上工場の鉄工部にて製造している「網捌機(あみさばき)」をご紹介します。

 

アサヤの鉄工部は、主に漁撈機械の修理や製作を請け負っている部門ですが、
これまで製作していた商品は、大半がお客様の要望に合わせて作るオーダーメイド品で、
標準化した商品を何度も繰り返し作る、ということをしておりませんでした。

今回ご紹介する網捌機も、過去20年以上にわたって製作を続けてきた商品なのですが、
ここ最近、お付き合いのあるお客様・メーカー様からのご紹介で製作依頼が増えておりまして、
せっかくなら標準化して広くご提供できるようにしてみよう、という話になりました。

以下、網捌機のチラシを掲載しますので、よろしければご覧ください。

アサヤの網捌機 アサヤの網捌機

この網捌機という商品は、定置網や生け簀などで使う大型の網を運搬するための機械で、
トラックのクレーンの先端に取付け、油圧モーターの動力で動く仕掛けになっています。
従来は多くの人手が必要だった運搬作業を省力化するので、今では現場に欠かせない商品です。

先週、2月25日(木)に行われた「岩手県定置漁業講習会」でも配布させていただきまして、
定置漁業関係者の方にとって、少しでもお役に立てれば良いなと思っております。
お引き合い・ご相談がございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。

 

ちなみに、チラシのデザインは私が担当したんですが、実は一番悩んだのが商品写真。
物が大きいのでスタジオにも運べず、かといって、屋外では景色に紛れて商品が目立たず。
工場の中で後ろに幕を引いて撮ったものの、何だか安っぽくなってしまう。

そのうちに、ちょうど大ヒット中だった「下町ロケット」からインスピレーションを得て、
工場の背景を上手く活かしつつ、「匠・職人」的な路線で仕上げてみました。
ある方からは「高級オーディオのカタログみたいだね」とのお褒めの言葉もいただきました。

 

もちろん、一般の方がお使いになることは絶対にない商品なので、
チラシのデザインによって商売に繋がるような期待はしていないのですが(笑)

ただ、こんなデザインの遊び心から、漁業の面白さ・奥深さを外に発信することができたら、
少しでも漁業に興味を持ってくれる人を増やせるのでは、とは割りと真面目に考えています。

それでは!